運動とストレスの関係

こんにちは!
Aphroditeスイスホテル南海大阪店 川村です。

お盆が明け、穏やかな気候が続いてますが
関西の残暑はまだまだこれからのようですね!
気温の温度差や、休み明けの疲労などで体調を崩さないように
皆様お気をつけ下さいね^^

さて、本日は私たちの日々の生活と密接な関係にあるストレスのお話です。
ストレスといっても種類は様々で、もちろん人によっても感じ方は様々。
ただ、できることならばストレスフリーな日々を過ごしたいと思っている方は多いのではないでしょうか?
と、いうことで
ストレスの軽減・解消法の一つとして運動との関係をご紹介致します!

まず、ストレスは全て悪いものかというとそうではなく、
適度な刺激は交感神経系を活性化し、
抵抗力をつけるように働き、
「ストレスは人生のスパイスである」と表現されるように良い面もあります。
ただ、過剰なストレス、慢性的に長く続くストレスは心身両面に様々な弊害を及ぼします。

「なぜ運動が良いのか。」

適度な運動は筋肉の緊張をほぐし、
心拍数を減少させます。
また、血圧を下げるといった効果に加えて、
心にもとても重要な役割を果たします。

私たちがストレスを感じる時、
体内ではカテコールアミンと呼ばれる物質が分泌されるのですが、
この物質が私たちに「いらいら」や「不安感」といった精神的な症状をもたらします。
このカテコールアミンは、
ウォーキングなどの有酸素運動をすることによって代謝され、
消去されてしまうということが明らかにされています。
つまり、ウォーキングには、いらいらや不安感などを消す効果があるんですね〜
また、運動習慣のある人はない人に比べて生活満足度が高いと言われており、
適度な運動を習慣化することでストレス緩和とともに生活の質を高めることにもつながります!

top_photo

では、無酸素運動はどうなの?といったところですが、
おそらく色々な文献等をみるとストレス解消には上記にあるように
有酸素運動が有効と記されているものが多いはず。
私の個人的な意見ではありますが
無酸素運動は確かにやりすぎると
かえってストレスを与えてしまう可能性はありますが
酸素を必要としないので、短時間しか運動できませんが、
筋肉を鍛えることができます。
「筋肉量UP=基礎代謝量UP」
運動やトレーニングを始めるとどうしても求めたくなる、結果。
・健康的に日々を過ごしたい。
・痩せたい。
・格好いい体がほしい。などなど
有酸素運動だけではなかなか難しいことも
無酸素運動では可能であったり。
(もちろん逆も然りですが)
あと、激しいトレーニングをしながら
ストレスを感じ続けるってなかなか難しいです。
目の前のことに夢中になれるので変なことを考えずに済みます。

American-bench-press-male-e1427634112672

結論、何を伝えたかったかと言いますと、
ストレスを発散したい!
なんだか毎日だるい!
と思った時は運動を始めてみましょう。
スタートのハードルは低くて良いと思います。
大切なのは継続すること。
人は達成感の積み重ねでやる気を倍増させていきます。
満足感や達成感は自信にもつながり、自然と明るくなるはずです。
さっきまで悩んでいたことも割とどうでもよくなったり。

活力ある日々を過ごすために
健康面・精神面のケアを体を動かすことで始めてみるのはいかがでしょうか?

いつでもご相談くださいませ^^

Aphrodite スイスホテル南海大阪店

〒542-0076

大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪11F

TEL:06-6646-5112 FAX:06-6646-5114

http://www.aphrodite-body.com/swissotel

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP