<スムージーとコールドプレスジュースの違い>

おはようございます!
Aphroditeスイスホテル南海大阪店 川村です。
急激に涼しくなってきましたが、
皆様体調管理はできていらっしゃいますかー?
そろそろ衣替えをしっかりしなくては!と思いながらも
部屋には夏物が散乱しております^_^;

さて、最近スムージーやコールドプレスジュースがかなり浸透してきていますが
この二つの違いをご存知ですか^^?

images
スムージーは、
野菜や果物を高速ミキサーにかけたもので、材料がそのまま入っています。
食物繊維たっぷりで飲みごたえがあり、朝食代わりにもおすすめなのですが、
食物繊維が多い分、胃腸に負担がかかってしまう場合も。

一方、コールドプレスジュースは、
野菜や果物を低速ジューサーにかけ液体だけを絞ります。
そのため、不溶性食物繊維が取り除かれ、サラリとした液体のジュースが出来上がります。
また、胃腸の負担が少なく消化にエネルギーを必要としないため、
デトックスにエネルギーを使うことができるのも人気の理由の一つです。

コールドプレスジュースが割高な理由もこういった理由があるわけなんですね。
スムージーは飲んだことがあっても
コールドプレスジュースをまだ飲んだことがなくて気になっている方もいらっしゃるかと^^
実は魅力がたくさんあるのでまとめてみました!
<コールドプレスジュースの魅力3つ>
(1)栄養素を逃さない!
低速回転でジュースを絞るため、熱が発生せず、空気が入りにくいことから、
ビタミンや抗酸化物質、酵素の劣化が少ないと言われています。
パナソニックが行った実験では、
スムージーに比べビタミンCが約2倍、
鉄分が約3.3倍、カルシウムが約1.2倍とビタミン、
ミネラルともに含有量が多い状態が保たれたそう。
材料全てを使うスムージーより栄養素の含有量が高いとは意外ですね!

(2)作り置きOK!?
熱が発生せず、空気が入らないということは、熱や酸素による食材の劣化が少ないということ。
そのため、時間が経っても栄養素も残りやすく、またスムージーのように分離しません。
「調理のためのべーじっくデータ」によれば、
スムージーの場合、10分作り置きをすることでビタミンCの約70%が消失してしまうそうですから、
時間が経っても変化しにくいのもコールドプレスジュースの魅力です。
ただし、グラスに入れたまま作り置くと空気に触れる面が多く、
劣化してしまいますから、しっかりと蓋ができるビンやマイボトルに入れましょう。
ただし、作ってから2日間しか持たないといわれてますのでとにかく早めに飲むのが重要です。

(3)「絞りかす」でもう1品楽しめちゃう!
低速ジューサーで絞った「絞りかす」は、食物繊維がたっぷり。
煮詰めてペーストにして保存しておけば、スープやカレーに入れたり、
ディップとしても楽しめます。

images-2

ちなみに心斎橋にお店を発見したので市場調査も兼ねて行ってみようと思っています^^
こちらです!
http://juicery.jp/#firstPage

(大阪店でも取り入れたいな〜、、)

それでは今日も1日元気に頑張りましょう!!

Aphrodite スイスホテル南海大阪店

〒542-0076

大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪11F

TEL:06-6646-5112 FAX:06-6646-5114

http://www.aphrodite-body.com/swissotel

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP