卵のお話

こんにちは!
Aphroditeスイスホテル南海大阪店 川村です。
毎日暑い日が続いておりますが皆様元気にお過ごしでしょうか?

本日のブログはトレーニング中には欠かせないタンパク質源である卵について取り上げます!
140218eggs

「卵はコレステロールの塊だから、食べ過ぎは体によくない」
そんな風に言われているのを耳にしたことはありませんか?

しかし!大人になってそうではないと知り、安心して好きなだけ卵を食べています(といっても、3〜4個が限界です笑)。
確かに卵にはコレステロールが多く含まれていますが、なぜ昔はそこまで体によくないと言われていたのか。
それは、100年以上前に行われた動物実験の結果によるものです。
草食動物のうさぎに卵を与えたところコレステロール値が急上昇したため、
「卵は体内のコレステロール値を上げるものだからよくない」という考えが広まったのです。
そもそも、草食動物に食べ慣れていない卵を与え、
その結果を人間に応用すること自体がおかしいのではないか、今ではそんな風に言われています。
今回は、1日分の卵の適正な摂取量や、卵のうれしい美容、健康効果についてお教えします!

食べ過ぎても病気にはならない
卵にはタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルがバランス良く含まれていて「完全栄養食」とも言われています。
その中の脂質としてコレステロールが含まれています。
しかし、一方で悪玉コレステロールを排出し、善玉コレステロールを増やす「レシチン」も含まれているので、逆に体に良い働きが期待できますよ。
そこで気になるのはカロリーではないでしょうか。

可食部100gあたり151kcal Lサイズ1玉(64g)可食部56g 85kcal

うーん。。正直高すぎもなく、低すぎもないようです。
今度は食べ方を考えてみましょう。
ゆで卵として食べる分にはそれほどカロリーは高くないですが、
マヨネーズを添えたり、オムレツにやベーコンを添えたりと、
卵料理は一緒に使っている食材に高カロリーなものが多いとも言えます。
卵と一緒に口にするものに気をつけるといいかもしれませんね!

アレルギーにはなる?
「ひとつのものを食べ過ぎるとアレルギーになってしまう」なんて話も耳にしますが、
もともと卵アレルギーではない人が、食べ過ぎによって卵アレルギーになるということはないようです。
けれど、腸内環境の悪化によっていつも食べているものが体に合わなくなる、ということは実際にはあるようで、
そんな時には、気になる食材を避けて、バランスのよい食事を摂ることを心がけるのが一番です。
また、幼児に食べさせる際には特に注意が必要です。
腸内環境が未発達の時期に、アレルゲン物質を摂取するとアレルギーを発症することがあるようです。
また、成人による後天性のアレルギーの発症というのはまれですが、唯一、妊娠中の女性は注意が必要です。

卵の効果
▶記憶力向上
卵に含まれる「コリン」は、体内で神経伝達物質である「アセチルコリン」に変わり、脳の働きを活性化します。
そのため、記憶力が向上したり、ボケや認知症予防にも効果があるとされています。
また、卵に含まれる豊富なビタミンB12やレシチンは、
アルツハイマー病に見られる脳の萎縮をある程度防ぐ働きがあるということがわかっています。
しかし、これらもテスト前に大量に食べるなどしても効果はありません。
日頃から適度な量を食べる習慣をつけるといいですね。

▶美容効果
卵には、肌の組織の生成に必要な「必須アミノ酸」がバランス良く含まれています。
この良質なタンパク質と脂質、そして美肌に欠かせないビタミンB2、
女性の健康に積極的に摂りたい葉酸など、キレイになるための「これは!」という成分を、卵は網羅しているんですよ。
お肌だけではなく、健康な爪や、痛んだ髪の補修にも効果があります。

▶免疫力向上
卵に含まれるアミノ酸は、美容だけではなく免疫力にも良い影響を及ぼします。
体内に細菌やウイルスが入ったときに、体内の免疫細胞が応戦しますが、アミノ酸にはこの免疫細胞を助ける働きがあるのです。
また、免疫力を上げるには免疫細胞の一つである白血球を強くすることも重要です。
この白血球の細胞壁は、「リン脂質レシチン」と「コレステロール」でできていて、卵はこれらを豊富に含む食品です。
卵は免疫強化にとても優れた食品といえます。

あまりに身近すぎる食材のため、卵の驚くべき健康・美容効果に気づいていない人も多いのではないでしょうか?
だからといって食べ過ぎるのは体にはよくありません。
穀類や野菜といった、そのほかの食材と一緒にバランス良く食べることで、
体にいいだけではなく、何より”おいしく”食事を楽しめますよね!
卵をおいしく味わいながら、丈夫で美しいボディ作りをめざしましょう^^!

image

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.com

関連記事

  1. ダイエット45日間コース

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP