理想の体脂肪率と日本人の平均・標準

こんにちは!
Aphroditeスイスホテル南海大阪店 川村です。

今週はとても寒い日が続きましたが今日は暖かく過ごしやすい気候ですね^^
今年は早くもインフルエンザが流行りだしているそうですので早めにワクチンを打たなくては!と思っているところです!

さて、本日は皆様も一度は絶対気にしたことがあるはず!体脂肪率について取り上げます。
「体脂肪率」とはその言葉の通り、体重の中の「脂肪の割合」のことを指します。
つまり、体重の何%が脂肪なのかという割合を知る数値です。

体脂肪は、身体の健康を維持していくために、とても大切な役割を担っています。
寒暖時の体温調節、免疫や性機能などのホルモン分泌、体を動かすためのエネルギーの備蓄などに体の脂肪分は必要不可欠です。

体脂肪率の区分法のひとつとして、
「痩せ」「標準-(マイナス)」「標準+(プラス)」「軽肥満」「肥満」の5つで分ける考え方があります。
理想の体脂肪率は、男女によっても年齢によっても大きく違い、幅があるため、自分の年齢・性別の標準値を知り、比較してみると良いかと!

項目は主に、痩せ・標準・肥満の3パターンですが、「標準」に関してはマイナスとプラスのふたつにわかれています。
「標準マイナス」は痩せ寄りで、「標準プラス」は軽肥満寄り。
ですが、標準の中の数値であれば、体脂肪による体への負担は少ないと考えて良いと思います。

46b906b7d7a6344b4d231a0b273414a0

理想の体脂肪率を目指すために

では「標準」ではなかった場合はどのようなリスクが潜んでいるのでしょうか?

例えば、急激なダイエットで「痩せ」になった人は、
体における脂肪の割合が低くなったために、脳は「体が飢餓状態だ」と間違った判断をしてしまう場合があります。
そうなると、飢餓から命を守るために様々なエネルギーが使われ、
女性の場合は無月経が起きたり、別の病気にかかりやすくなってしまう可能性があります。
極端なカロリー制限をしていないかなど、食事全体の栄養バランスを見直すことが大切です。

逆に、軽肥満・肥満の人は、脂肪が多いことで体に負担がかかり、病気を引き起こす危険があります。
適度に運動をしたり、食べる量を減らしたり、栄養バランスを見直したりと、
生活習慣を見直して、体脂肪率を少しでも標準へ近づけるように努力することが大切です。

日本人の理想体脂肪率は、男性15~20%、女性20~28%とされています。
日本人は世界的に見ても肥満率が低く、他国に比べて“太っている人の率が低い”国と言えます。
それは、日本食が太りにくい点や、若者のダイエットが根付き、痩せている容姿を目指す傾向から、日本人の肥満率が低いのだと考えられます。
年齢や性別によって理想とする体脂肪率が異なるため、さらに詳しく数値で見ていきましょう!

性別・年齢別の体脂肪率の理想

男性
~14歳
痩せ:~6%
標準(-):7~15%
標準(+):16~24%
軽肥満:25~29%
肥満:30%~

15歳~17歳
痩せ:~7%
標準(-):8%~15%
標準(+):16%~23%
軽肥満:24%~27%
肥満:28%~

18歳~39歳
痩せ:~10%
標準(-):11~16%
標準(+):17~21%
軽肥満:22~26%
肥満:27%~

40歳~59歳
痩せ:~11%
標準(-):12~17%
標準(+):18~22%
軽肥満:23~27%
肥満:28%~

60歳~
痩せ:~13%
標準(-):14~19%
標準(+):20~24%
軽肥満:25~29%
肥満:30%~

女性
~13歳
痩せ:~14%
標準(-):15~24%
標準(+):25~33%
軽肥満:34~37%
肥満:38%~

14歳~17歳
痩せ:~17%
標準(-):18~26%
標準(+):27~35%
軽肥満:36~39%
肥満:40%~

18歳~39歳
痩せ:~20%
標準(-):21~27%
標準(+):28~34%
軽肥満:35~39%
肥満:40%~

40歳~59歳
痩せ:~21%
標準(-):22~28%
標準(+):29~35%
軽肥満:36~40%
肥満:41%~

60歳~
痩せ:~22%
標準(-):23~29%
標準(+):30~36%
軽肥満:37~41%
肥満:42%~

自分の標準値を知ることができましたか?
トレーニングをしている方もこれから始めようかなと思っている方も是非ご参考くださいませ^^

それでは皆様良い週末をお過ごしください!

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.com

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP