日々の疲れを吹き飛ばす!

こんにちは!
Aphroditeスイスホテル南海大阪店 川村です。

3月は疲労が出やすい月と言われています。
気温の変化であったり、花粉症が出てくる時期でもあるので、何だかダルい・眠い・疲れたといった状態になる方が多いそうです。
確かに、寝ても寝ても寝足りないような、すっきりしないような。。
symptom_72_1

そこで本日はすぐに取り入れられる対処法のご紹介を致します!
日々の疲れをリフレッシュしたいと思っても、毎日の仕事や家事が忙しくて時間が取れないことが多いものです。
そのようなときは、食事の中に「疲労回復効果が期待できる食べ物」をとり入れてみましょう!

>>疲労回復にはビタミンB1
ビタミンB1は「疲労回復ビタミン」と呼ばれることもあり、豚肉のほか、シャケや菜の花にも含まれています。
豚肉やうなぎ、玄米、大豆、いんげん豆、鶏肉などにも多く含まれます。
糖質がエネルギーに変わるときに補酵素の役割も果たしてくれますよ(^_^)
ビタミンB1が不足すると糖質の分解ができず、疲労物質である乳酸やピルビン酸などが蓄積され、
疲れやすくなるほか、食欲不振や手足のしびれ、むくみ、倦怠感、動悸などが現れます。

>>精神的な疲労にはマグネシウムを!
肉体的な疲れよりストレスを感じて疲れてしまうという場合には、マグネシウムをとるとよいといわれています。
感情を安定させ、心理的ストレスを受けにくくする働きがあります。
精神的な疲労を回復するための栄養素と言えます!
マグネシウムは、海藻、ゴマ、ナッツ類、ホウレンソウ、牡蠣などに多く含まれています。
マグネシウムを効率的に摂取するには、カルシウムとのバランスが大切です!
マグネシウムを多く含んだ食材だけを意識せずに、牛乳や小魚などのカルシウムを多く含んだ食品も同時に摂取するように心がけましょう(^O^)

>>すっぱいものは身体にも心にも◎
疲れたときには、すっぱいクエン酸も身体によいようです。
身体のエネルギーとなるアデノシン三リン酸(ATP)を生み出すクエン酸回路を活性化させる働きがあります。
肉体疲労、精神疲労の双方に有用と考えられます。クエン酸は、柑橘類、梅干しなどに多く含まれています。
1度に大量にとるのではなく、こまめに摂取しましょう!
また、ビタミンB群と一緒にとればより効果が期待できます。

※ATPサイクルは体内で常に機能していますから、クエン酸は常時必要です。
つまり、たとえば1日1回大量に摂取すればよいということではなく、こまめに摂取したほうが効率的ということです(^_^)
ビタミンB2はATPサイクルをサポートする栄養素であり、クエン酸との相乗効果が期待できる成分です。
クエン酸とビタミンB群を一緒に摂ることで、より効率的にエネルギーが産生されます。

>>バランスのとれた食生活で疲れ知らず
diabetic-diet-tips-mediterranean-diet
疲労回復に役立つ栄養素・食材は他にもパントテン酸やタンパク質などがあります。
いずれも特定の栄養素ばかりを取らず、バランスを考えた食生活を送り、疲労に負けない身体を作っていきたいですね!
日々を元気に過ごすためにできるケアから初めていきましょう(^O^)

それでは皆様良い週末をお過ごしくださいませー!!

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.com

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP