食物繊維で腸内環境の改善

こんにちは!

Aphroditeスイスホテル南海大阪店の仲東ですチューリップ

GWも終わり、5月も中旬になりましたね。
GW中に、ご旅行に行かれた方も多かったと思います^^

本日5月16日は、「旅の日」だそうです。
1689(元禄2)年3月27日(新暦5月16日)、
松尾芭蕉が「奥の細道」への一歩を踏み出した日です。
 
せわしない現代生活の中で、「旅の心」を大切にし、旅のあり方を考え直そうと、
日本旅のペンクラブ(旅ペン)が1988(昭和63)年に
本日を「旅の日」と制定されたそうです。

旅行中はお食事も楽しみの1つですよねぴかぴか (新しい)
ご当地ならではのお食事は目で見ても楽しいですし、
口にすると本当に幸せな気持ちになりますねかわいい

しかし、旅行中にありがちなのが、

「ここでしか食べられないから」

とついつい食べ過ぎてしまったり、
バランスが崩れてしまったり、、

そんなことはありませんか?

 

そこでおすすめしたいのが、
食物繊維での腸内環境の改善ですひらめき

「食物繊維」と言っても、

・不溶性食物繊維

・水溶性食物繊維

の2種類があります!

またそれぞれの食物繊維を構成する成分がたくさんあります。
 

そのたくさんの成分1つ1つの紹介は専門的な内容になりますので、
今回は割愛して、2種類の「食物繊維」について紹介しますリボン

 

〇不溶性食物繊維〇

images-5

「保水性が高く、膨張してカサが増す」という特徴があります。
そのため、

・排便回数、便量の増加
・体にとって有害な物質の排泄促進  など

といった生理作用が期待できまするんるん (音符)

〇水溶性食物繊維〇

食物繊維 果物

「腸内細菌によって分解されて、発酵しやすい」
「腸管内に生息している常在細菌群の働きを改善させる」
という特徴があります。
 

そのため、

・食後の血糖値の上昇抑制
・腸の働きを活発にする  など

といったことが期待できますひらめき

食物繊維は皆様もご存じのとおり、
野菜や果物、海藻類に豊富に含まれています。

1つの食材に対して、割合にばらつきあるものの、
不溶性食物繊維も水溶性食物繊維も含まれています。

ちなみに例外もありますが、野菜は不溶性食物繊維を、
果物、海藻類は水溶性食物繊維を多く含んでいます。

いろんな食材を食べて、腸内環境を整えていきましょうグッド (上向き矢印)

ただいま、Aphroditeスイスホテル南海大阪店では期間限定・店舗限定の「春のプレミアムキャンペーン」を実施中です!

春のプレミアムキャンペーン

 

無料カウンセリングも随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ携帯電話

みなさまのご来店を心よりお待ちしておりますペンギン

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.com

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP