これからの季節に欠かせない飲み物

こんにちは!
Aphroditeスイスホテル南海大阪店 川村です。
カラッと晴れて気持ちの良いお天気が続いていますね^^
トレーニングルームから見える青空に段々夏を感じています!

さて、夏といえば気をつけていきたいのが熱中症ですよね。
皆さんは水分補給の際、何を選ばれますか(^_^)?

私は学生時代の部活の名残?なのか、夏は毎日麦茶を飲みます^^
麦茶はカフェインレスなのでどのタイミングでも飲めるのが嬉しいところです。

d3ea8d6eb40e4e6c234e296a0c3d8aa8_s

そして、実はこの麦茶に驚くべき効果が隠されていたんです。。
今日はそちらについてご紹介をしていきます!

香ばしい香りが漂う麦茶には食品添加物も一切含まれておらず、
子供からお年寄りの方まで安心して飲むことができる飲み物(^O^)
そんな麦茶には血液をサラサラにする成分があることをご存知でしたか?

アルキルピラジンが血液をサラサラに
日本人の三大疾病とも言われている「がん・脳卒中・心筋梗塞」。
その脳卒中や心筋梗塞の原因のひとつに血栓症が挙げられます。
血栓症は、偏った食生活や活性酸素の蓄積など、さまざまな要因によって血液がドロドロとなり、
血液の塊(血栓)が血管内の通り道を塞ぐことによって起こる病気です。
これは非常に多くの日本人がかかる病気でもあります。
麦茶の香ばしい匂いの元となるアルキルピラジンという成分は、
原料を加工する際に香り成分や抗酸化物質の生成に関わるメイラード反応と共に生成される物質で、
血液の流れをよくする働きがあることが研究の結果明らかになっています。
また、実験の結果、ミネラルウォーターでは血液の流動性向上作用は見られませんでしたが、
麦茶を飲用すると血液流動性の向上が見られるばかりか、1時間30分後までその作用が持続するといった驚きの結果がでました。

GABAの効果で血液のサラサラ度がアップ
血液の流れが悪くなると、血栓ができやすくなるというリスク以外に、
血液の循環を保つために血圧が上昇するといった生理現象が起こり、
それによる血栓もできやすくなるといった悪循環が生じます。
麦茶に含まれているGABA(ギャバ)という成分には、
腎臓の働きをよくし、血圧が高くなる原因であるナトリウム(塩分)を排出する作用がありますが、
もともと血圧が正常な方の血圧には影響を及ぼすことはなく、
高血圧の病気がある方にのみ血圧を下げる効果があることがわかっています。
また、GABAには動脈硬化や血栓症を引き起こす中性脂肪やコレステロール値を下げる働きもあるので、
血液をサラサラにしたい方にとって麦茶は最適の飲み物であると言えるのかもしれませんね^^

是非この夏は水分補給に麦茶をチョイスされてみてはいかがでしょうか^^?
特に今日は30℃まで上がるようですししっかり水分補給をしていきましょう!

5月もあと少しになってきましたね。
春のプレミアムキャンペーンは今月31日までですので
是非この機会にご検討くださいませ(^O^)
春のプレミアムキャンペーン

皆様のご来店お待ち致しております。

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.com

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP