6/6はコレステロールの日?!

こんにちは^^

Aphroditeスイスホテル南海大阪店の仲東ですかわいい

本日6月6日は「ローカロリーな食生活の日」。

食品などの通信販売を行う某会社様が
「ロー(6)カロ(6)リー」の語呂合わせにちなんで
制定されたそうです。

そこで私もそれにちなみまして、
本日は「コレステロ(6)ール」について
お話していきたいと思います!

「コレステロールの気になる方へ」といったフレーズ、
最近よく目にしますよね?

thCTHFH9YA

たとえば、ペットボトルのお茶だったり、
缶コーヒーだったり、、

なぜこういうものが多く出回っているのか?、、

「コレステロール値は高いと良くない」

「コレステロールをため込みたくない」

「コレステロールは身体にとって良くない」

などなど、、

このように「コレステロール」が悪者である印象を
持てれている方も多いのではないでしょうか?

しかし、「コレステロール」

体内の細胞膜の構成成分であり、
肝臓でのコレステロール生成量を調整したり、
体内で生合成されるビタミンDの材料になったりと、

生体にとって必要不可欠な存在なんです!

では、どうして「コレステロール」は悪者になったのでしょう、、、?

それは、「コレステロール」は取ろうと意気込まなくても、
いつの間にか取れてしまうどころか、取りすぎてしまうからです。

そして、気づかぬうちに取りすぎたコレステロールが原因で
動脈硬化症などの病気になってしまうことも、、あせあせ (飛び散る汗)

このようなことから、「コレステロール」は
悪者扱いされるようになったんですね。

コレステロールを多く含む食品は
卵やレバー、いか、いくらなど動物性食品なのですが
良質たんぱくを多く含む食品でもあるため、食べていただきたい食品です。

コレステロール

 
どんな食材も量と、他との組み合わせやバランスが大切です!

コレステロールを多く含む食品は「食べてはいけないもの」ではなく、
「量さえ守れば食べてものいいもの」です!!

適量をとることを心掛けましょう♪

Aphroditeではトレーニングと合わせて、お食事のアドバイスもさせていただいております。

3大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)をしっかりとりながら、

トレーニングをして健康美を目指してみませんか?

無料カウンセリングは随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.com

 

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP