食べながらもエネルギー消費!

こんにちは^^

Aphroditeスイスホテル南海大阪店 仲東です!

私事ではございますが、先週末は友人の結婚式に列席してまいりました!
幸せいっぱいの友人から幸せを分けてもらい、しばらくこの幸せに浸りながら、過ごせそうです^^

IMG_2901
こちらは披露宴の際にいただいたメイン料理の「牛フィレ肉のポワレ」です。
とってもおいしかったです^^!

さて、こちらの牛フィレ肉。
ダイエット・ボディデザイン中にも、ぜひ召し上がっていただきたい食材です。

理由としては、

「余分な脂肪をとることなく、たんぱく質を摂取できる」からです。

皆様がご存知の通り、たんぱく質は筋肉の材料となる食材です。

たんぱく質に限らず、人間は食べ物を口にして、消化することでエネルギーを得るわけですが、
この消化の過程において、消費されるエネルギーがあります。

少しややこしいですが、エネルギーを産生するために、消費しているエネルギーがあるのです。

その消費エネルギーというのが「食事誘発性体熱産生(Diet-Induced Thermogenesis)」と呼ばれるもので、
Aphroditeの会員様でしたら、よくご存知の「DIT」のことです。

この「DIT」は1日の消費エネルギーの約10%を占めているのですが、
実は栄養素の種類によって異なるため、栄養素の摂取状況によって変化します。
そのため、「『約』10%」と言われています。

<3大栄養素のDIT>
(生理的エネルギーに対する割合)

たんぱく質  約30%

糖質 約5%

脂質 約4%

こちらをご覧いただいて一目でわかる通り、
たんぱく質がずば抜けて高いことがわかります。

つまり、たんぱく質の摂取割合を増やすことで
DITを増やすことができ、1日の消費エネルギーを増やすことができます。

しかし、単純にたんぱく質の摂取量を増やして、DITが増えたとしても
摂取したエネルギーをすべてDITで消費するのは無理な話です。

また、たんぱく質ばかり食べていても、筋肉の材料になりにくいので
やはり3大栄養素をバランスよく摂取することが大切です!

ダイエット・ボディデザインを成功させるためには、
たんぱく質を適量に摂取し、そのたんぱく質を材料として
筋肉をしっかり鍛えて、維持・増量させていく必要があります。

ご自身にとっての、適量なたんぱく質がわからない方は、
トレーナーにご相談ください。アドバイスをさせていただきます^^

今年の秋は体を鍛えて、新しい自分に出会ってみませんか^^?
Aphroditeでは無料カウンセリングを随時受け付けております!
また、1回体験(税込み¥5,400)も承っております!

そして、今ならお得なキャンペーン実施中です!

IMG_4067
1回体験当日にご入会いただいたお客様は、 体験料金キャッシュバック+入会金無料♡

このお得なキャンペーンをぜひご利用くださいませ^^

みなさまのお越しを心よりお待ちしております!

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.com
</pre

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP