糖質と糖類

こんにちは!

Aphroditeスイスホテル南海大阪店 仲東です^^

10月に入り、秋らしくなったと思えば、
ここ数日は気温が30度近くまで上がって、
夏が戻ってきたみたいですね。

1日の中での気温差も激しいですが、
日によっての最高気温の差も激しいので、
服装を工夫して、体調を崩されぬように
お気を付けくださいね!

さて、「糖質制限」という言葉が世に浸透し、
スーパーやコンビニでも「糖質オフ」や「糖類ゼロ」などの表示を
よく目にしますよね!

では、「糖質」と「糖類」、その違いをご存知でしょうか?

今回のブログでは、その違いについて解説していきます!

今や、たいていの食品の裏には、栄養成分が表示されています。

その中で、よく目にする「炭水化物」。

一言で炭水化物と言っても、体内でアミノ酸や脂肪酸などの
体構成成分に作り替えられて利用されるものもあれば、
食物繊維のように消化・吸収されずに排出されるものも含まれます。

ここで、「糖質」が出てきます!

糖質とは?
炭水化物から食物繊維を除いたものを指します。

つまり、、

IMG_3096

ということになります。

このことから、「糖質ゼロ」の表示があれば、
体内で消化・吸収されて、血糖値を上げる炭水化物が
含まれていないということになります。

つまり、「糖質制限」をされている方にも
召し上がっていただける食品というわけです。

では、よく似た「糖類」とは、いったい何なのでしょうか?

糖類とは?
ブドウ糖や果糖などの「単糖類」とショ糖や乳糖などといった「二糖類」のみを指します。

糖質は「単糖類」「二糖類」「多糖類」「糖アルコール」「人工甘味料」の5つの総称なのですが、
糖類はこのうちの「単糖類」と「二糖類」だけのことを言います。

つまり、「糖類ゼロ」の表示のある食品の場合、「多糖類」や「糖アルコール」、「人工甘味料」を
含んでいる場合があるため、「糖質ゼロ」ではない可能性があります。

「糖質」と「糖類」。
とっても似ていますが、指しているものが異なりますので、
これから食品を選ばれる際は、少し注意して見ていただければと思います!

10月限定のお得なキャンペーンのお知らせです!
大阪店10月施策用POPjpeg
こちらはスイスホテル南海大阪店限定のキャンペーンとなっております!

とってもお得な75日間コース!

今年もあと3か月を切りました!
今から始めて、理想のカラダで年始を迎えませんか?

こちらのキャンペーンは限定5名様までのご案内です!

残り3名様のご案内が可能でございます。
ご希望の方はお急ぎくださいませ!

皆様のお越しを心よりお待ちしております♪

また、無料カウンセリングは随時受付中です^^!
お気軽にお問合せくださいませ。

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.com

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP