酒粕について

こんにちは^^

Aphroditeスイスホテル南海大阪店の仲東です!

本日は2/14、バレンタインデーですね!
日本では、本命チョコや義理チョコ、友チョコなど
誰でも彼でもチョコを渡す感じに今やなっていますが、
海外では大切な人にお花やカードを渡すのがポピュラーだそうです。

さて、先週のブログで粕汁について、少し触れたので、
本日は粕汁の味の決め手!「酒粕」についてお伝えしようと思います!

〇酒粕とは?

日本酒の製造過程で出てくる副産物です。

酒米を精米し、吸水させ、蒸して、、とたくさんの工程を経て、
もろみというものができます。
このもろみを搾った後の残りかすが酒粕です!

この酒粕、元をたどればお米なので、「酒粕も炭水化物でしょ」と
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、炭水化物以外にも栄養素を含んでいます!

●酒粕の栄養価(100gあたり)
エネルギー 227kcal
炭水化物 23.8g
たんぱく質 14.9g
ビタミンB群
・ビタミンB1 0.03㎎
・ビタミンB2 0.25㎎
・ナイアシン 2㎎
・ビタミンB6 0.94㎎
・葉酸 170μg
・パントテン酸 0.48㎎
食物繊維 5.2g

注目のポイントはたんぱく質量です!
これは卵100gあたりに含まれる
たんぱく質量を上回る含量です。

その他にもビタミンB群、葉酸、食物繊維も
豊富に含んでおり、優れた食品と言えます。

ただし、お気をつけいただきたいのが、その摂取量です。

上記の栄養価は100gあたりのものです。
酒粕を口にする機会を、粕汁を飲むときとした場合、
粕汁1杯あたりに使用される酒粕量はだいたい30gほどと言われています。

つまり上記のだいたい3分の1程度の栄養素を摂取できると思っていただければ大丈夫です。

酒粕に含まれる栄養素は、どれもダイエットやボディメイクに欠かせないものばかりです。
だからといって、粕汁を3杯も4杯も飲めばいいのかと言えば、そうではありません。

よく○○ダイエットというように、なにか1つの食材に頼ったダイエットがありますが、
摂取できる栄養素が偏ってしまい、おすすめはできません。

酒粕から、たんぱく質やビタミンB群、食物繊維を効率よくとっていただくことはおすすめですが、
酒粕をたくさん食べましょうと推奨しているわけではありません。

栄養素を効率よくとる方法の1つとしてサプリメントがあるように、
ある栄養素を多く含む食材をうまく組み合わせて食べることで、
とりたい栄養素を効率的にとることができます。

例えば、これまで汁物はおすましが多かったという方であれば、
その汁物のレパートリーの1つとして粕汁を加えると
粕汁に入っている酒粕と具材の分だけ、栄養素をこれまでより
多くとることができる可能性が高まります。

IMG_3849

前回に引き続き、粕汁を例に挙げましたが、たどり着くところは、やはりいろんな食材を食べることです。
野菜でも、何か特定のものばかりでなく、いろんな野菜を食べましょう。

人間にとって食べることは、目で見て、においを感じて、
食感や味を楽しむことができる時間です。

このせっかくの機会をぜひ楽しんでいただきながら、必要な栄養素をとりましょう!

只今、無料カウンセリング&1回無料体験を絶賛実施中です!

お気軽にお問合せくださいませ^^

また、スイスホテル南海大阪店限定で2月限定のキャンペーンを実施中です!

大阪店2月施策POP

短期集中の60日間コースです!

今から始めて、新年度を理想のボディで迎えませんか^^?

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております^^

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.com

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP