ウナギについて

こんにちは^^

Aphroditeスイスホテル南海大阪店 仲東です^^

先週末はとても暑かったですね!
Tシャツ1枚でも過ごせるほどのいいお天気でした!

さて、本日はウナギについてお伝えしようと思います!

と言いますのも、先日お客様とのトレーニング中にウナギのお話しになり、
びっくりすることがありましたので、皆様にもお伝えしようと思います^^!

皆様、ウナギの旬ってご存知でしょうか?

ウナギと言えば、「土用の丑の日」ですよね。
本年、2018年に関しては、7月20日(金)と8月1日(水)が“夏の”「土用の丑の日」だそうです。

“夏の”「土用の丑の日」にウナギを食べる習慣があることから、
ウナギの旬が夏とお思いの方も多いと思います。

しかし!実はウナギの旬は夏ではないんです!

暑い夏に栄養価の高いウナギを食べることは良いことなのですが、
1年を通して、ウナギがもっとも脂がのって、栄養価が高くなるのは、冬なんです!

私としては、とても衝撃的な事実だったのですが、皆様にとってはどうでしょうか?

また、調べていくうちにわかったこととして、「土用の丑の日」は夏だけではなく、
他の季節もあるということです。

なんと、今年に関しては7回も「土用の丑の日」が存在するようです。
「土用」とは「立春・立夏・立秋・立冬直前の約18日間の期間」を示す言葉です。
そして、昔の暦では日にちを12支で数えていました。

つまり、「土用の丑の日」とは「土用の期間におとずれる丑の日」のことです。
このようなことから、1年に何回かあることが納得できますよね^^

では、「土用の丑の日」について、ご理解いただいたところで、
なぜ“夏の”「土用の丑の日」にウナギを食べるようになったかということですよね。

実はウナギを食べる習慣は、バレンタイン商戦と似ていて、
ウナギ屋の戦略と言われています。

「夏の土用の丑の日」にウナギを食べるようになったのは
江戸時代からと言われています。

江戸時代の夏、ウナギが全く売れないことに困ったウナギ屋の店主が
蘭学者の平賀源内に相談をしたそうです。

この時に平賀源内が
「本日丑の日」と貼り紙をしてはどうかと提案したそうです。

※「本日丑の日」・・・土用の丑の日 ウナギの日 食すれば夏負けすることなし

この貼り紙が功を奏し、ウナギが飛ぶように売れたそうです。
そして、他のウナギ屋も真似をして、ウナギを売るようになり、
人々に「夏にウナギを食べると夏バテしない」という意識が広まり、
毎年夏の「土用の丑の日」になると、ウナギを食べるという習慣ができたようです。

ウナギの旬は先にもお伝えした通り、冬ではありますが、
ビタミンB群を豊富に含むウナギを夏に食べることは、
代謝アップ(エネルギー変換効率のアップ)や疲労回復に効果的なので、おすすめです!

IMG_4851
私はウナギ屋ではありませんが、夏にウナギを食べていただくことをおすすめいたします^^!

只今、Aphrodite全店舗にて無料カウンセリング&1回無料体験を絶賛実施中です!

どちらか片方のご予約も承っております!
お気軽にお問合せくださいませ^^

またAphroditeでは、日頃ご愛顧いただいております会員様を対象に
「お友達紹介キャンペーン」を実施しております!

スライド5

全店舗が対象となっております!
詳しくは担当トレーナーまで、ぜひお問合せくださいませ^^!

さらに!
スイスホテル南海大阪店限定でキャンペーンを実施中です!

背景グレー

ご興味をもたれた方はぜひお問合せくださいませ^^

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております^^

★スイスホテル南海大阪店よりお知らせ★
2018年5月7日(月)~5月13日(日)まで
スイスホテル南海大阪 11Fフロア全面メンテナンスに伴い、
Aphroditeスイスホテル南海大阪店は店舗休業とさせていただきます。
恐れ入りますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
店舗休業期間中もお問合せは受け付けておりますので、
ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

 

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.com

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP