体重からわかること

こんにちは^^

Aphroditeスイスホテル南海大阪店 仲東です!

5月に入りましたね!
本日がお休みの方もそうでない方も、良い1日をお過ごしください♬

さて、唐突な質問ですが、皆様は毎日体重を計っていますか?
また、計っておられる方はどのタイミングで計っていますか?

私は、毎日2回計っています。
1回目は起床してトイレに行った後に、
2回目は夕食後・入浴した後に計っています。

2回計測する理由や目的は、
1回目の測定は日々の体型管理のため、
2回目の測定はその日1日の食生活を振り返るためです。

毎日体重を計っていると、体の感覚でなんとなく
体重の増減を予測できるようになり、だいたい一致するのですが
たまに一致しないときがあります。

私は今、減量に励んでいるため、起床後に計った体重が
予想以上に落ちていると嬉しいのですが、
それとは反対に予想していたより体重が落ちていないととてもびっくりします。
そしてショックを受けます(;;)

筋肉量は日々大きく変動することはないですが、
体重は食べた物や飲んだもの、またその日1日の活動量によって
結構変動します。

その変動に対して、一喜一憂してほしくないと、
これまでのブログでお伝えしてきましたが、
変化を見ると、やはり反応してしまうのが人間ですよね。

毎日体重を計測していて学んだことは、

・やはりいつもよりもたくさん動いた次の日は体重が落ちるということ、
・時間がなくて食事量が少なかった日は日内変動も少なく、翌朝の体重も落ちるということ

この2点です。(つまりその逆もあります。)

しかし、いつもよりもたくさん動いた翌朝でも、食事量がいつもより少なかった翌朝でも
体重が落ちない日があります。

「それはなぜなのか」

IMG_3558

食事量や活動量の他に考えられることを探してみると
思い当たることが1つありました。

それは睡眠時間です。

睡眠時間が短くなると、前日夜から翌朝も体重の戻り(減り)が悪くなります。

睡眠している間、起きている間に消化しきれなかったものが消化され、
消化が終わったあとは、肌の修復や疲労回復など、体が再生の方向にシフトします。

そのときに使われるエネルギーが大きければ大きいほど、体重が減る確率は高まります。

つまり、睡眠時間が短いと体の再生時間が短くなり、エネルギー消費が活発でないため、
体重の戻り(減り)が悪くなります。

体の再生時間が短くなると、体重の戻りが悪いのはもちろん、
体の疲れが取れず、疲労感があることはもちろん、肌荒れの原因にもなります。

人間の体はデリケートにできています。
お食事、運動、睡眠など、日々の生活に密接に関わっていることに
気をつかっていただいて、健康にお過ごしくださいませ^^

ダイエットやボディメイクは、体が健康であることが前提です。
くれぐれもお忘れなく!

只今、Aphrodite全店舗にて無料カウンセリング&1回無料体験を絶賛実施中です!

どちらか片方のご予約も承っております!
お気軽にお問合せくださいませ^^

またAphroditeでは、日頃ご愛顧いただいております会員様を対象に
「お友達紹介キャンペーン」を実施しております!

スライド5

全店舗が対象となっております!
詳しくは担当トレーナーまで、ぜひお問合せくださいませ^^!

★スイスホテル南海大阪店よりお知らせ★
2018年5月7日(月)~5月13日(日)まで
スイスホテル南海大阪 11Fフロア全面メンテナンスに伴い、
Aphroditeスイスホテル南海大阪店は店舗休業とさせていただきます。
恐れ入りますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
店舗休業期間中もお問合せは受け付けておりますので、
ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F
TEL:06-6646-5112
MAIL:info2@aphrodite-body.

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP