アミノ酸ーシトルリン編ー

こんにちは!

Aphroditeスイスホテル南海大阪店 仲東です^^

10月も最終日を迎えました!
本日はハロウィンですね♬

日本にハロウィンがイベントの1つとして定着し、
海外からわざわざ日本のハロウィンを体感するために
日本にいらっしゃる方がいるほどです。

すごい話ですね!

さて、本日はハロウィンに関連して、、
ではなく、いつも通り私の独断でアミノ酸の1つである
「シトルリン」についてお伝えいたします!

●「シトルリン」とは?
シトルリンはアミノ酸の1つです。
アミノ酸は皆様もご存知の通り、たんぱく質の構成成分ですが、
実はたんぱく質を構成するのは数多く存在するアミノ酸のうち20種類のみです。
その他の多くのアミノ酸はさまざまな反応の中間代謝生成物として
重要な役割を果たすものや生理活性をもつものがあります。

シトルリンはアミノ酸の中でも後者にあてはまり、たんぱく質を構成しないアミノ酸です。

シトルリンは尿素回路におけるアルギニン生合成の中間体です。

話しが込み入ってきましたね^^;

尿素回路の詳しいお話は割愛しますが、
尿素回路とは端的にお伝えしますと、体内で発生した有毒なアンモニアを
無毒の尿素に変換する仕組みのことです。

ここまでのお話しのポイントをまとめると、

・シトルリンは体内で合成され

・アルギニンの前駆体となる

アミノ酸ということになります。

アルギニンは血管拡張作用、抗菌作用をもち、
なおかつ神経伝達物質となる一酸化窒素の前駆体です。

体内での一酸化窒素の濃度が上がると成長ホルモンの分泌が促進される他に、
血管が拡張されることによって血流がよくなり、
トレーニングを例に挙げるとパンプアップの促進や
筋肉の修復促進効果が期待できます。

このような話になると、シトルリンを積極的に摂取するより
アルギニンを摂取した方がいいのではないかという話になるのですが、
シトルリンの方が吸収効率が良いと言われています。

シトルリンはすいかから見つかった栄養成分で、ウリ科の植物に含まれています。
化粧品にも配合されることのある成分で、美肌にも効果的とされています。

シトルリンについて調べていくと、体へのいろんな嬉しい効果がたくさん出てきます!

詳細をお伝えすると長くなってしまうので、このあたりで終わりにしますが、
ダイエット効果や美肌効果、むくみ予防・改善効果、冷え性改善効果など
嬉しい効果がたくさんありますので、ぜひシトルリンを摂取してみてはいかがでしょうか^^

シトルリンはウリ科の植物に含まれています。
具体的には、すいか、メロン、冬瓜、ゴーヤなどです。

夏が旬の食材が多く、暑い時期にお伝えすればよかったと思うところもあるのですが、
これから寒くなって乾燥が気になる季節にこそ、積極的にとっていただきたい栄養素なので
本日にお伝えさせていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

2018年9月1日より2か月限定で新しいコースを実施しています!

Aphrodite初の部分アプローチのコース!
その名も「パーツ別アプローチコース」です^^‼

修正版

パーツは「腕」「お尻」「背中」の3つからお選びいただけます!

新規会員様も既存会員様もご契約いただけるコースです^^

対象店舗は、スイスホテル南海大阪店と名古屋観光ホテル店の2店舗です。

本日をもちまして募集を終了いたします!

ご興味を持たれた方は本日中にお問い合わせください!

また、無料カウンセリング&1回体験も引き続き受け付けております!

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております^^♬

Aphroditeスイスホテル南海大阪店
〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル難波11F

tel:06-6646-5112
mail:info2@aphrodite-body.com

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP