夜間の糖質摂取にはご注意を

皆様、こんにちは!

Aphroditeの岡安です。

 

本日は食事法のひとつとしてある、

夕食で糖質を抜くことのメリットをお伝えします。

 

どうしても夜型な生活が多い現代社会、

夕食を1番多く食べることが当たり前になっていますよね。

ですがそれは本来人間に合った食事法とは言えません。

本来人間は朝型に生きるべき生物であり、

夜型の食事法は身体に害を及ぼす事になります。

 

これを基本に考えると、

夕食で炭水化物を摂る事は決して良いとは言えません。

 

理由としては、

寝る前に食べた物を消化しきるだけの時間がなく、

エネルギーとして使用されなかった糖質は、

脂肪として体内に貯蓄されていきます。

よって体脂肪の増加が起きてしまいます。

 

夜の糖質を抜いてあげるだけでこの脂肪の体増加は防ぐことができます。

更には夜の食事量を抑えることで内蔵の働きが疲労回復に向かい、

次の日の活力にもつながります。

夕食での炭水化物の摂取を少し意識してあげるだけで

生活のレベルが一気に上がってきますよ。

みなさまもぜひ意識してみましょう!!!

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP