体調に合わせてお水をチョイス!

皆様

 

こんにちは^^

Aphrodite麻布十番店の庭野です!

 

先日、お客様から可愛いまりもをプレゼントして頂きました♫

早速、お部屋に飾りました(*^^*)成長を見守ります♫

DFD485FD-3A07-444A-A04A-A37913E1B304

 

 

本日はお水の種類についてご紹介させていただきます。

これからの時期、水分摂取はかかせません。

意外と気にしていないお水の種類ですが、実は違いがあります。

 

【水道水】

水道水は、湖や河川から取水され、浄水場によって消毒されて上水道から家庭に供給されるまでには、飲み水として安全な水にするため塩素などで殺菌消毒されていますが、

カルキ臭なども問題視されています。カルキ抜きのためにお水を沸騰させることをオススメします。

【天然水(ナチュラルウォーター)】

天然水は、自然によって何年もかけてろ過されたミネラル分豊富な水です。

コンビニやスーパーでも数多く天然水が販売されています。

不純物の含まれていない天然水は、自然のミネラル成分が豊富で、水道水のように塩素消毒がされていないため、安全で栄養価の高い水だと言われています。

 

【ミネラルウォーター】

 ナチュラルミネラルウォーターにミネラル分の調整やブレンド(複数の水源の水の混合)を行った水です。

 

 

また、水分は軟水(硬度:0~100mg/L未満)

硬水(硬度:300mg/L以上に分かれています。

 

※赤線チェックです★

02EB6CD0-72A5-4C39-AB25-C4181B06D974

3B3C8C23-D92C-465B-B153-502162E11130

 

 

カルシウムとマグネシウムの濃度が高いほうが硬水で、口当たりが重く苦みを感じます。

反対にカルシウムやマグネシウムの濃度が低いほうが軟水です。まろやかな口当たりが特徴です。

私たちが普段日本で飲んでいる水道水や国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水ですので、日本人には硬度の低いお水の方が合うと言われています。

 

もちろん、飲みやすさは個人の好みによりますが、お身体の60%は水分でできていますので

しっかりと余分なものを排出していくためにしっかりと摂取することがおすすめです。

 

また、軟水と硬水の違いとしては

 

軟水=美肌効果

軟水のミネラルバランスは人体のミネラルバランスに近いと言われていて
そのため体内への吸収が良いです。
日本人の肌や髪がキレイだといわれるのには、日本の水が軟水だからだ、とも言われています。

また、炭酸水もおすすめです。炭酸水には二酸化炭素が含まれています。

体内に二酸化炭素を取り込むことで、身体は酸素の濃度を高めようと血液の巡りを良くします。
血行が良くなることで、クマやくすみといった肌トラブルの改善につながります。

 

硬水=便通改善

硬水に含まれるマグネシウムは便を柔らかくする働きがあるので、便秘を解消する効果が期待できます。

その為、体内に余分なものを溜めづらい身体へとしてくれます。

 

ご自身の調子に合わせお水の種類を変えることもいいかもしれません(*^^*)

 

=======================================================================================

現在Aphrodite全店舗で、60日間コース実施中ですひらめき

夏に向けてお身体づくり始めませんか?

60日間コース・¥194.400(税込)

入会金・¥30.000

2018年6~7月施策POP案

 

たくさんのお問い合わせお待ちしております(*^^*)

 

 

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP