お腹のへりと満腹感

 

皆様、こんにちは!Aphrodite六本木店の横山です。

 

最近はセミが鳴き始め、夏がきたぞ!スポーツという感じですねぴかぴか (新しい)

 

今回は、ダイエット・ボディデザインを行っていく中で

最も大切になってくるお食事に関連したお話をさせていただきます。鉛筆

 

ダイエット・ボディデザインを行う中で、

トレーニングとお食事どちらも大切になってきますが

トレーニング3:お食事7と言われる程、食事管理が欠かせません!!

結果を出すためには、お食事が鍵を握っているといっても過言ではありませんパンチ

 

Aphroditeでは〇〇だけの食生活や、〇〇は一切とらないなどの食事管理はなく、

三大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)をしっかりとっていただいておりますダイヤ

 

しかし、なんでも食べていいわけではなく、!

量でしたり、召し上がっていただく物を意識していただき、

お食事をこちらがコントロールさせていただくものになっております車 (RV)

やはり結果を出すためには努力や我慢や継続することが必須ですdouble exclamation

 

身体作りをするまでは、好きな時に、好きなものを召し上がる環境が普通だと思いますが、

お食事をコントロール(量・タイミング・質)をしていく事で、

お身体は今までの食生活に慣れていますので変にお腹がすいてしまったり、

食べた感がなく満足しないことがデメリットになります台風

 

そこで!食事を管理する過程で満足できるよう!対策していきましょう!

 

実は、お食事をして満腹感やまだ食べたいという空腹感を出しているのは脳なんですひらめき

1DD531EB-0D62-4E04-A22E-D0D073D927BC

 

脳の中で指令を出している場所は脳の間脳の視床下部にあります!

 

その指令にも種類が二種類ほどあり、

満腹感を感じさせるのが満腹中枢おにぎり

何かを食べたくなってしまう事を感じさせるのが摂取中枢と言われます!

これら満腹中枢、摂取中枢を合わせて食欲中枢と呼びます位置情報

この2つの関係はきっても切り離せないものになっており、

どちらか片方だけでは食事の抑制は上手くいかなくなってしまいます冷や汗 (顔)

 

このように脳が食欲を出したり、無くしたりとしているので、

なるべく満腹中枢を刺激しすることがポイントになってきますexclamation

 

満腹中枢を刺激することによって満腹感を感じて、食べ過ぎを抑えることができます!

そこで!ポイントとなってくるのが『食べるスピードをゆっくり』にすることですdouble exclamation

食べるスピードをゆっくりにする理由は、

ゆっくりと時間をかけて食べることによってしっかり満腹中枢を刺激し、食べる量を抑えることができます!

 

その逆に摂取中枢が刺激され、食欲が沸いてしまうタイミングは、

エネルギーがなくなり、血糖値が低い状態になると、摂取中枢が活発になり空腹感が起こります。

また、味付けの濃いものや、脂っこいものを召し上がる事で、摂取神経が刺激され、食べる量が増えてしまうんですあせあせ (飛び散る汗)

 

上記の要因を踏まえ、お食事の際は食べるスピードの速度をゆっくりにし、

満腹中枢を刺激して、日々の無駄なカロリーを減らして行くことがポイントです位置情報

 

ダイエットやボディデザインにお悩みの方!

是非!!一緒に効率的なダイエット・ボディデザインで結果を出していきませんか走る人⁉︎⁉︎

 

⇩店舗情報はこちらから⇩

===========================

無料体験・カウンセリング随時受付中です晴れ

http://www.aphrodite-body.com/roppongi/

【Aphrodite六本木店】

電話 03-5410-1108 電話

【Aphrodite恵比寿店】

電話 03-6432-5808 電話

【Aphrodite麻布十番店】

電話 03-6441-3211 電話

===========================

また現在Aphrodite全店舗で、60日間コース実施中ですひらめき

夏に向けてお身体づくり始めませんかウィンク

危険・警告 (!)期間も残りわずかです!!危険・警告 (!)

 

【60日間コース】

¥194.400(税込) 入会金・¥30.000

2018年6~7月施策POP案

お問い合わせお待ちしておりまするんるん (音符)

 

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP