お客様それぞれの目的にあわせて日々勉強♡

皆様 こんにちは 小塚です!!

3月ももう終わりですね。。

あっという間にもう春ですチューリップ

春のつぎは夏ですよー!波

皆様、水着や薄着になる準備はできていますか??

 

さて、以前よりゴルフをやっているお客様は多く、

皆様に「ゴルフやりなよー!」とお誘いいただいていたのですが、、、

失礼ながら・・頑に断り続けていました。考えてる顔

 

今年になり、あまりにも皆様から口説かれるので、

(特に俳優の和田正人さんにハート

※和田正人さんのインスタグラムの写真です。

 

 

わたしも一念発起してはじめてみました位置情報

 

 

 

まずは、ゴルフスクールの体験レッスンをいくつか受け、

営業時間や通いやすさや予約の取り方などなどをリサーチし、

近所の朝6時〜23時まで営業しているゴルフスクールに入会しました。

これは、忙しいを理由にできなくなりましたね。。がく〜 (落胆した顔)

仕事前の早朝でも、仕事終わりの深夜でも練習できる環境ですたらーっ (汗)

 

通い始めて約1カ月…

なかなか成長しませーん泣き顔バッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

小学2年生から高校3年生まで、本格的にバレーボールをやってきたわたし。

運動神経には結構自信があり、、

やればきっと出来るdouble exclamationなんて自負しておりました。

ゴルフなんてスポーツじゃないなんて生意気なことも言っておりましたが、、ごめんなさい。涙

とっっっっっても難しいんですね。。

 

更に、

正直ゴルフのためのトレーニングは必要ないと思っておりました。

どんだけゴルフをなめていたんだexclamation and questionって話しなのですが、、

 

 

自分でゴルフをはじめてみて、

あまりにうまくいかないことが嫌になり、

ゴルフを上達させるためにはどんなトレーニングが効果的なのか?

どんな筋肉が必要なのか?

 

身を以て考案してみることにしましたdouble exclamationdouble exclamation

 

 

まず、ゴルフに必要な筋肉はムキムキゴツゴツ筋肉ではなく、インナーマッスルです指でOK

インナーマッスルとは、深層部の骨格に近いところの筋肉。

カラダの細かな動きや安定性を調整できる筋肉なのです!

インナーマッスルを鍛えることで怪我の予防にも効果的なようですよひらめき

 

大腰筋や腹横筋や腹斜筋を鍛えることで、スイング時の加速やコントロールを上達させることができます。

飛距離をのばすためには、下半身の強化と骨盤底筋群の強化も必要ですねパンチ

ゴルフでは、インパクトからフォロースローにかけてクラブをぶらさないようにしなければなりません。

そのためには、腹圧を高め下半身でしっかり踏ん張ることが大切です。

また、肩甲骨の可動域や肩甲下筋を鍛えておくことが必要です!

 

逆にゴルフには肩や首を力むことはないので、鍛えすぎには注意が必要ですよ危険・警告 (!)

 

ダイエット目的のお客様にはもちろん、

ムキムキのシックスパックになりたいお客様や、

ゴルフのスコアアップためにカラダづくりをしたいお客様、

柔軟性のあるカラダにしたいお客様、

 

 

同じトレーニングといっても、

同じ筋肉を鍛えるにしても、

目的によってトレーニング方法を変える必要がありますぴかぴか (新しい)

お客様の目標はそれぞれですので、

さまざまな目的にあわせて、わたしたちトレーナーも日々勉強が必要ですパンチ

 

 

ご要望がありましたら、ご遠慮なくおっしゃってくださいねるんるん (音符)

関連記事

カテゴリー

最近の記事

  1. 2019.03.29

    春到来!

アーカイブ

PAGE TOP