水分摂取0.5リットル未満は不健康?

〜水分摂取0.5リットル未満は不健康?〜

体内の60~70パーセントが水分でできていることはご存知でしょうか?

浮腫対策に効果があると言われている水分が人体に及ぼす影響は非常に大きいです。

では、水分を取ることの効果はどんなものがあるのでしょうか?

・代謝が上がる

・体温が上がる

・体内のデトックスができる

・汗をかきやすくなる

などダイエットの背中を押してくれる効果がたくさんあります

毎日飲んでいるジュースや炭酸飲料、アルコールを水に変えると、カロリーが抑えられます。水分を多く取ると血液がサラサラになり、心臓病予防につながり、こまめに水をのむことで脱水症状にならない、体内に十分な水分があるので頭痛も抑えられ、肌もきれいになる!といいことがたくさんあります。

実は効果はそれだけでなく、日常生活にも大きな影響を及ぼすという調査結果があります。20代から30代の男女を対象に実施したマーケティング調査によると1日に1.5リットル以上の水分を飲んでいる人は、1日に0.5リットル未満の人よりも

「朝の目覚めが良い」

「自分の健康状態に満足している」

「仕事の効率が良い」

と感じている人が多い傾向にあるということが調査結果で分かったそうです。

ただ水分を摂っているだけです。それだけなのに生活の質が上がることを感じている人が多いそうです。

『のどが渇いた』と思った時の体はすでに脱水症状が現れています。毎日の目安は体重の1.5~2%です。体重50Kgの人なら1.5L/日です。朝起きて、コップ一杯の水を飲むところから始めてください。ダイエットだけでなく水分は生活の質も上げてくれるメリットがあります。これから水分の摂取に少し気を使ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP